日経トップリーダー 2012/09号

破綻の真相 深広
民事再生からの復活を目指すも、 見通し甘い金策と事業計画で断念
深広 水産物の卸売り、小売り

 2012年5月、フグを中心に高級鮮魚の卸売りや小売りを手がけていた深広(大阪市)は大阪地裁から破産手続きの開始決定を受けた。負債総額は約16億円に上った。03年に民事再生を申請した後、再建を目指して手掛けた新規事業の失敗が相次ぎ、資金繰りが続かなくなった。 深広の本社は「大阪の台所」と言われる黒門市場から数分の住宅街にある。(88〜90ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3219文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる216円
買い物カゴに入れる(読者特価)108円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 倒産・解散
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
update:18/07/30