日経エレクトロニクス 2012/09/03号

NEレポート
ソニー、医療へ3Dを訴求 手術顕微鏡向けカメラを発売
手術映像の全ワーク・フローに対応する3D機器がそろう

 「『医療分野における3Dといえばソニーだ』という地位を確立していく」(同社 メディカルビジネスユニット メディカル・ソリューション事業部門 事業部門長の津末陽一氏)─。 ソニーは、医療向けに3次元(3D)映像対応のビデオ・カメラ「MCC-3000MT」を2012年9月17日に発売する。このビデオ・カメラの発表会で、同社は冒頭のように強気な姿勢を示した。(10〜11ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2340文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > デジタルカメラ > デジタルビデオカメラ*
車・機械・家電・工業製品 > AV家電 > デジタルビデオカメラ*
医療・バイオ > 医療機器・用品・システム > 医療機器・用品
通信・ネットワーク・放送 > AV機器 > デジタルビデオカメラ*
【記事に登場する企業】
ソニー
update:19/09/26