日経エレクトロニクス 2012/09/03号

NEレポート
ソニーの積層型CMOSセンサ TSVで論理回路を一体化
2012年10月からスマートフォンなどに向けて出荷

 ソニーは、独自の積層構造を用いた裏面照射型CMOSイメージ・センサ「Exmor RS」を2012年10月に発売する。従来品に比べて感度やダイナミック・レンジを高めたり、新たに画質調整機能を内蔵したりした3品種を順次出荷する。加えて、各センサにレンズ・ユニットを組み合わせたモジュール品として、解像度の高さや小型・薄型などを訴求する3品種も発売する(図1)。(15ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1062文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > 光デバイス製品・技術 > 撮像素子
エレクトロニクス > エレクトロニクス設計・製造 > 設計(エレクトロニクス)
【記事に登場する企業】
ソニー
update:19/09/26