日経メディカル Cancer Review 2012/09/20号

インタビュー ウイルス療法ががん治療になる時代がくる 東京大学医科学研究所・先端医療研究センター先端がん治療分野(脳腫瘍外科)教授 藤堂 具紀
ウイルス療法ががん標準治療になる時代が来る
藤堂具紀氏 東京大学医科学研究所・先端医療研究センター先端がん治療分野(脳腫瘍外科)教授

続々と考案されるがん治療の新しいアイデア。しかし、それらの少なからずが、臨床に到達することなく、姿を消していく。基礎研究者の閃きが多くのがん患者を救うためには、何が足りないのか。遺伝子操作したヘルペスウイルスを使ってがんの治癒に挑んで孤軍奮闘する脳外科医の声を聞いた。(6〜9ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4695文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > 身体の疾患
【記事に登場する企業】
東京大学医科学研究所
update:19/09/27