日経メディカル Cancer Review 2012/09/20号

トピックス 放射線事故医療研究会原発事故のリスクコミュニケーションを反省
●トピックス1 放射線事故医療研究会 原発事故のリスクコミュニケーションを反省

 種々の放射線被ばく事故への対処を医学的な見地から検証する放射線事故医療研究会の第16回大会が、9月8日に千葉県の(独)放射線医学総合研究所で開催された。テーマは、「緊急被ばく医療の原点に帰る〜次世代へのメッセージ〜」。昨年の東電福島第一原発事故の発生直後から現場に滞在し、医療活動に携わった関係者の生々しい証言と、その反省に立った新たな提言がなされた。(23ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1688文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 修理・クレーム > 車・機械・家電・工業製品の修理・クレーム全般
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > その他(病気・怪我)
【記事に登場する企業】
放射線医学総合研究所
update:19/09/27