日経メディカル Cancer Review 2012/09/20号

リポート1 サルコーマ研究と臨床の拠点ががん研有明病院に誕生 希少がん対策の注目のモデル
サルコーマ研究と臨床の拠点が がん研有明病院に誕生
希少がん対策の注目のモデル

がん研有明病院に7月1日付けで、サルコーマ(sarcoma、肉腫)の研究と治療を行うサルコーマセンターが誕生した。サルコーマは、全てのがんの1%という希少がんであり、多くの臓器に発生するために、患者集積も専門家の育成も難しかった。「サルコーマセンターの設立は、希少がん対策のモデルケースになるはず」とがん研有明病院院長の門田守人氏は胸を張る。(26〜28ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3163文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 医薬品 > 創薬
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > 身体の疾患
【記事に登場する企業】
有明病院
update:19/09/27