日経SYSTEMS 2012/10号

特集1 助け合いを生む プロジェクト情報基盤
PART1 プロジェクト情報基盤の威力
現場の“今”をチームで共有し 助け合いを生み出そう

 「実は今、このように残タスクが8件もたまっています」「これはさすがに大変ですね。私はこのタスクだったら引き受けられますよ」—。 電子書籍配信システムの基盤開発と運用を手掛ける、ビットウェイの中村光雄氏(情報管理本部 情報システム部 IT設計チーム)らのチームでは、こんなやり取りが日常的に行われている。(28〜29ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2529文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 助け合いを生む プロジェクト情報基盤(26〜27ページ掲載)
助け合いを生む プロジェクト情報基盤
特集1 助け合いを生む プロジェクト情報基盤(28〜29ページ掲載)
PART1 プロジェクト情報基盤の威力
特集1 助け合いを生む プロジェクト情報基盤(30〜33ページ掲載)
PART2 ドキュメンタリー「楽天」
特集1 助け合いを生む プロジェクト情報基盤(34〜37ページ掲載)
PART3 助け合いを生む活用ノウハウ
特集1 助け合いを生む プロジェクト情報基盤(38〜40ページ掲載)
PART4 形骸化防ぐ二つのポイント
特集1 助け合いを生む プロジェクト情報基盤(41〜43ページ掲載)
PART5 ヘビーユーザー対談
特集1 助け合いを生む プロジェクト情報基盤(44〜47ページ掲載)
PART6 情報基盤の構築ツール
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム設計・開発 > システム開発手法
update:19/09/25