日経エレクトロニクス 2012/10/01号

NEレポート
恐怖のシャープと落胆の鴻海 すれ違いの先に何を結べるのか
ささやかれる“JAL方式”

 「シャープはFoxconnとの提携のチャンスを生かしきれなかった。“JAL方式”を検討すべきかもしれない」(シャープを支援する銀行関係者)。JAL方式とは日本航空のように、シャープが会社更生法の適用を受けた上で官民出資の企業再生支援機構が投資し、事業を再生するもの。この方式がシャープに対して採られるかは全くわからない。(12〜13ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3319文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > その他(企業・組織)
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
【記事に登場する企業】
シャープ
台湾・ホンハイプレシジョンインダストリー社
update:18/07/30