日経ビジネス 2012/10/22号

直言極言 米大統領選と日・米・中関係●オピニオン
相互依存深い中国への対処 田中 均[日本総合研究所 国際戦略研究所理事長、元外務審議官]

 米国では間もなく大統領選挙である。中国でも来月開催される第18回党大会で10年ぶりに指導者が交代する。民主党のバラク・オバマ候補、共和党のミット・ロムニー候補のいずれが米国大統領に選ばれるかにより、米中関係は大きく変わるのだろうか。伝統的に共和党は同盟重視の政策を取り、中国に厳しく対処するとされる。しかし、現実の世界はそれほど単純ではない。(114ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1606文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 政治 > 国内政治
政治・経済・社会 > 政治 > 海外政治・国際問題
update:19/09/24