日経情報ストラテジー 2012/12号

特集2 なぜなぜ分析の極意 本誌セミナー受講者1400人突破!
国語の“教師”として部下を巻き込む
「誤入力」「品質不良」「注意不足」…全て不適切

 なぜなぜ分析の体験者の中には、まるで国語の勉強のように感じた人がいるだろう。そう、なぜなぜ分析に国語力は必須だ。それはひとえに、分析から曖昧さを排除するため。我々には報告書などを作る際に、抽象的な言葉や短い単語、さらに熟語を多用してしまう癖が付いている。(43〜44ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2465文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2 なぜなぜ分析の極意 本誌セミナー受講者1400人突破!(40ページ掲載)
なぜなぜ分析の極意
特集2 なぜなぜ分析の極意 本誌セミナー受講者1400人突破!(41〜42ページ掲載)
無くならないヒューマンエラー
特集2 なぜなぜ分析の極意 本誌セミナー受講者1400人突破!(43〜44ページ掲載)
国語の“教師”として部下を巻き込む
特集2 なぜなぜ分析の極意 本誌セミナー受講者1400人突破!(45〜46ページ掲載)
実践現場は分析を義務付け
特集2 なぜなぜ分析の極意 本誌セミナー受講者1400人突破!(47〜49ページ掲載)
小倉氏監修「なぜなぜ分析」の理解度テスト
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > IT関連スキルアップ・資格 > その他(IT関連スキルアップ・資格)*
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > その他(IT関連スキルアップ・資格)*
update:19/09/24