日経トップリーダー 2012/11号

特集2 社長の始末書
社長の始末書
失敗から何を学ぶか

中小企業にとって、トップの失敗がもたらす影響は大きい。ときには1つのミスが致命傷になることもある。だからと言って、恐れているだけでは企業は飛躍できない。大切なのは失敗したとき、反省し次に生かすことだ。失敗から成功を導くヒントを探る。(40〜41ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:204文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2 社長の始末書(40〜41ページ掲載)
社長の始末書
特集2 社長の始末書(42〜43ページ掲載)
親子不和 事業承継の準備不足で倒産の危機
特集2 社長の始末書(44〜45ページ掲載)
現場偏重 職人への未練を捨てられなかった
特集2 社長の始末書(46ページ掲載)
過剰型 信用 相手に依存し過ぎてしまった
特集2 社長の始末書(47ページ掲載)
唯我独尊 自信過剰で部下が大量離反
特集2 社長の始末書(48〜50ページ掲載)
現場に身を置きながら考え抜こう
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
update:19/09/24