日経トップリーダー 2012/11号

トップリーダーの視点
5年超のパートが無期雇用に転換、中小企業は早めの対応を

 改正労働契約法では、パート、アルバイト、契約社員など契約に期限のある「有期雇用」で働く人が、同じ職場で5年を超えて反復継続して働くとき、本人の申し込みがあれば、期間に定めがない「無期雇用」に切り替えることを企業に義務付けている。「5年」には施行前の勤続年数は含まれない。(11ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1119文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 雇用・退職
政治・経済・社会 > 国内経済 > 雇用
update:19/09/24