日経ビジネス 2012/11/12号

特集 第2部 最前線ルポ 海洋資源大国への挑戦 ニッポンの国境●4章
北方領土 忍び寄る韓国企業

 北方領土へ渡る手段は、ただ1つ。日本と旧ソ連の両国政府が1991年に合意した「ビザなし交流」だ。これは、日本人と北方領土に住むロシア人が様々な交流を行い、相互理解を深め、問題解決の土台を作ることを目的としている。今年8月、このビザなし交流団員として、日本最北端、かつ、最大の離島である択(えと)捉(ろふ)島を訪れた。(50〜53ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6148文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 第2部 最前線ルポ 海洋資源大国への挑戦 ニッポンの国境●1章(40〜43ページ掲載)
第2部 最前線ルポ 海洋資源大国への挑戦 ニッポンの国境
特集 第2部 最前線ルポ 海洋資源大国への挑戦 ニッポンの国境●2章(44〜47ページ掲載)
尖閣諸島 中国がにらむのは米国
特集 第2部 最前線ルポ 海洋資源大国への挑戦 ニッポンの国境●3章(48〜49ページ掲載)
竹島 新政権もリセット困難
特集 第2部 最前線ルポ 海洋資源大国への挑戦 ニッポンの国境●4章(50〜53ページ掲載)
北方領土 忍び寄る韓国企業
特集 第2部 最前線ルポ 海洋資源大国への挑戦 ニッポンの国境●5章(54〜55ページ掲載)
与那国島 最西端の島に自衛隊
特集 第2部 最前線ルポ 海洋資源大国への挑戦 ニッポンの国境●6章(56〜57ページ掲載)
南鳥島 真円を描くEEZの威力
特集 第2部 最前線ルポ 海洋資源大国への挑戦 ニッポンの国境●7章(58〜59ページ掲載)
領土紛争の処方箋 「強い日本」がすべての解
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 政治 > 国内政治
政治・経済・社会 > 政治 > 海外政治・国際問題
update:19/09/24