日経ビジネス 2012/11/26号

時事深層
中国、新指導部発足 続く江沢民時代、改革は停滞の恐れ

 習近平総書記が率いる中国共産党の新指導部が11月15日、発足した 。派閥間の激しい権力闘争の結果、元総書記の江沢民氏らが優勢となり、最高指導部の政治局常務委員7人のうち4人を江沢民氏に近い人たちが占めた。積極的なインフラ投資で経済を急成長させ、利権を通じて自分たちの勢力も拡充。(12〜13ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3215文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 政治 > 海外政治・国際問題
【記事に登場する企業】
中国政府
update:19/09/24