日経ビジネス 2012/11/26号

有訓無訓 オピニオン
制度改革だけでは限界 現場の変革こそ不可欠 田村 哲夫[渋谷教育学園理事長兼校長]

 冷戦構造が崩れて以降20年間、日本は成長が止まっています。どんどん内向きになり、その状況から脱せずにいる。理由は多々ありますが、考えるべき理由の1つに依然として「個性」を重視しない教育があると思います。 日本は明治維新、終戦を経て第3の変革期にあると言われて久しい。しかし、教育制度は明治時代に作った中央集権の上意下達から変わっていません。(108ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1326文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
update:19/09/24