日経エレクトロニクス 2012/11/26号

NEアカデミー 現地レポート 日本のメガソーラー
─第4回─ 導入を牽引する企業が続々 発電所の分譲事業も登場

前回までは、安定した発電が見込める山梨県と、冬季に雪の影響を受ける新潟県のメガソーラーを紹介してきた。本連載の第4回は、日本のメガソーラーの建設を牽引する企業の取り組みに焦点を当てる。ソフトバンク・グループは、全国で200MWを超えるメガソーラーの建設を計画している。一方、九州地方で10数カ所のメガソーラーを計画するのが、芝浦グループホールディングスである。(112〜115ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4618文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > エネルギー > 発電機
車・機械・家電・工業製品 > 業務用機械・汎用機械 > 発電機
【記事に登場する企業】
ソフトバンクグループ
update:19/09/26