日経ビジネス 2012/12/10号

時事深層
“塀の中”の労働力を生かせ

 日本の刑事裁判の判決の多くは懲役刑だ。実刑判決を受けた刑事被告人はその後、収容先の刑務所で「刑務作業」という労働が科されることになる。 この刑務作業は、ただ単に「懲らしめ」が目的ではない。様々な職業訓練を通じて、出所後の社会復帰の可能性を高め、再犯防止にもつながる。(14〜15ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2640文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 人材育成・活用・制度
update:19/09/24