日経ビジネス 2012/12/10号

実践の奥義 マネジメント
経営の巨人の教えを生かす(4)─野中郁次郎 社員の価値基準にまで浸透

 私は1988年、40歳でエーザイの社長に就任した。その際に会社を経営していく方針を考える中で、製薬企業は今まで医者を顧客と見ていたのではないかという思いにとらわれた。 薬剤の真の顧客は患者の方々であるはず。ならば、顧客の規定を変えなければならない。患者を顧客として会社を経営することを決意した。(72〜77ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8456文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
update:19/09/24