日経ビジネス 2012/12/10号

直言極言 コンピューターウイルス●オピニオン
警察はITリテラシー向上を まつもと ゆきひろ[ネットワーク応用通信研究所フェロー、Ruby開発者]

 他人のパソコンをウイルスに感染させ、遠隔操作で犯罪予告をメールや掲示板に書き込む事件が連続して起きた。これに対して警視庁、大阪府警、三重県警、神奈川県警はそれぞれ男性1人を逮捕したが、後に誤認だったとして釈放した。 他人を陥れ、犯罪予告をばらまき、社会に不安を与えた真犯人が一刻も早く逮捕されることを心から望んでいる。(136ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1582文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > コンピュータウイルス・対策
【記事に登場する企業】
警視庁
update:19/09/24