日経エレクトロニクス 2012/12/24号

NEレポート
革新機構らがルネサスを支援 製品の一体売りで復活目指す
1500億円を増資、革新機構が3分の2超を持つ大株主に

 ルネサス エレクトロニクスへの官民による支援が決定した。同社は2012年12月10日、産業革新機構および顧客企業8社を割当先とする第三者割当増資によって資金を調達することを発表した。顧客企業8社とは、トヨタ自動車、日産自動車、ケーヒン、デンソー、キヤノン、ニコン、パナソニック、安川電機である。 調達資金総額は1500億円。(6〜7ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1955文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
【記事に登場する企業】
産業革新機構
ルネサスエレクトロニクス
update:18/07/30