日経ビジネス 2013/01/14号

特集 シリーズ 動き出す未来(2) 2030年のモノ作り●3章
日本の強さを残す 「カイゼン」は無駄か

 日本の経済を支えているモノ作り。日々の地道なカイゼン活動で、世界でトップレベルの「ゲンバ」を実現し、それが製造業の強さの源泉となってきた。しかし、経済のグローバル化によって競争条件が変わると、日本の重いコストに耐えかねて、くしの歯が欠けるように国内から工場が消え、海外へと生産の場が移行している。(36〜39ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5222文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 シリーズ 動き出す未来(2) 2030年のモノ作り(24〜25ページ掲載)
2030年のモノ作り
特集 シリーズ 動き出す未来(2) 2030年のモノ作り●1章(26〜31ページ掲載)
家電ベンチャーの胎動 誰でもメーカーに
特集 シリーズ 動き出す未来(2) 2030年のモノ作り●2章(32〜35ページ掲載)
姿を変える生産ライン 人型ロボットと働く日
特集 シリーズ 動き出す未来(2) 2030年のモノ作り●3章(36〜39ページ掲載)
日本の強さを残す 「カイゼン」は無駄か
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 設計・製造(機械関連) > その他(機械関連の設計・製造)
update:19/09/24