日経ビジネス 2013/01/14号

有訓無訓 オピニオン
「専門外」と逃げない 放射線リスクに向き合う 中西 準子[産業技術総合研究所フェロー、横浜国立大学名誉教授]

 東日本大震災と原子力発電所の事故は、環境リスク評価の専門家として、私にはとても大きなショックでした。これまで、「原子力は専門外だから」と、原子力発電のリスクに正面から向き合ってきませんでした。それでいて「事故が起きるリスクは高くないだろう」と安易に判断してしまっていました。この態度が一番いけなかったと思っています。(106ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1291文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
車・機械・家電・工業製品 > 環境・エコロジー(車・機械) > その他(車・機械関連のエコロジー)
ビズボードスペシャル > 環境 > その他(車・機械関連のエコロジー)
update:19/09/24