日経ビジネス 2013/01/14号

シリーズ 正念場の巨大企業 後半●企業
「鈴木の限界」を超えよ 「成功」の破壊者たち

 わずか4年前まで、セブンイレブンは暗黒の中を彷徨っていた。「存亡の危機」とまで囁かれた崖っぷちから、いかにして「独り勝ち」へと蘇ったのか。復活劇を紐解くと、カリスマ・鈴木敏文の巨像に隠れて見えにくかった、経営陣の存在が浮かび上がる。 「失われた10年」。セブンイレブン社内でそう囁かれている時期がある。(61〜63ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4633文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > 食料品店・スーパー
サービス・流通・生活・文化 > 卸・小売サービス > 食料品店・スーパー
サービス・流通・生活・文化 > 卸・小売サービス > その他(卸・小売サービス)
update:19/09/24