日経ビジネス 2013/01/14号

時事深層
LSI再編、3月末に決着へ

 半導体業界に、またもや再編機運が高まっている。2012年はDRAM大手、エルピーダメモリの経営破綻とマイコン大手のルネサスエレクトロニクスの救済劇で半導体業界は大揺れしたが、2013年に焦点になるのが、システムLSI(大規模集積回路)業界の再編だ。 再編劇に関わるのは富士通とパナソニック、ルネサスの3社。2012年初頭から事業統合に向けた交渉を本格化させている。(20ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1642文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > 合併・吸収
エレクトロニクス > CPU・LSI製品・技術 > IC・LSI
【記事に登場する企業】
マイクロンメモリジャパン
ルネサスエレクトロニクス
update:19/09/24