日経ビジネス 2013/01/14号

時事深層 指標で読む
——反日デモ4カ月 日本企業、停滞下で回復模索

 沖縄県・尖閣諸島の国有化を巡る日中関係の悪化を受け、日本車の販売が急減するなど経済面でも様々な悪影響が伝えられている。ただ、断片的な情報も多く、全容をつかむのはそれほど容易ではない。反日デモから4カ月ほど経った今、日本企業が置かれた現状はどうか。一言でまとめれば「停滞下で回復の契機を模索」となるだろう。(22ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1469文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 政治 > 海外政治・国際問題
政治・経済・社会 > 世界経済・貿易 > 海外景気動向・対策
update:19/09/24