日経ビジネス 2013/01/21号

技術&トレンド フィーチャー
新幹線N700A(東海旅客鉄道) 自動運転、雪でも遅れにくく

 大雪などの悪天候や故障で乱れた運行ダイヤを、自動運転で素早く回復。地震時などに使う緊急ブレーキの停車距離も大幅に短縮した最新型の新幹線が2月8日、東京〜新大阪を走り始める。東海旅客鉄道(JR東海)の新型車両「N700A」だ。 東海道新幹線の新型車両導入は、2007年のN700系以降、実に6年ぶり。(80〜82ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3782文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > その他乗り物製造 > 鉄道
【記事に登場する企業】
JR東海
update:19/09/24