日経SYSTEMS 2013/02号

コラム 鴨志田昭輝のセキュリティ事件簿
続・遠隔操作ウイルス事件
真犯人の挑戦状、江の島で猫探しの騒動に

 「裕(ゆたか)くん」という、神奈川県の江の島近辺で暮らす猫が、新年早々、情報セキュリティ関係者の注目を集めた。きっかけは、2012年12月号の本コラムで紹介した「遠隔操作ウイルス事件」にさかのぼる。 簡単にこの事件を説明すると、悪意あるハッカーが、大学生らのPCにマルウエアを感染させて遠隔操作し、犯行予告をネット上の掲示板に書き込んだりメールで送ったりした。(11ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1553文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > コンピュータウイルス・対策
update:19/09/25