日経SYSTEMS 2013/02号

コラム 漆原茂の技術インパクト
[第2回]ベイジアン・機械学習
スモールデータの分析から始めよう

 スパムフィルター、画像認識、リコメンデーションエンジン、自動翻訳…これらに共通する技術をご存じだろうか?答えは「機械学習」だ。米Amazon.comのお勧め商品やGoogle翻訳で使われている。そのほか、手書き文字の認識、ロボットの姿勢制御、Webコンテンツに合わせた広告表示など、応用範囲は極めて広い。特にこの10年は不確かな出来事の連鎖を表現できる「ベイズ理論」が大ブーム。(13ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1576文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > IT関連スキルアップ・資格 > その他(IT関連スキルアップ・資格)*
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > その他(IT関連スキルアップ・資格)*
update:19/09/25