日経パソコン 2013/01/28号

特集1 徹底究明!メモリー不足の謎
メモリー内部の動作から高速化のコツまで解説 気になるメモリーの疑問にずばり回答

 アプリを1度目に立ち上げる際は、プログラムをハードディスクからメモリーに読み出した上で実行する。この作業に時間がかかり、ユーザーは少し待たされることになる。 ユーザーがアプリを閉じたとき、そのデータはしばらくメモリーに残っている(下図)。リソースモニターのグラフで「スタンバイ」と書かれている領域に収められているのだ。(48〜49ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2168文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 徹底究明!メモリー不足の謎(34〜35ページ掲載)
徹底究明! メモリー不足の謎
特集1 徹底究明!メモリー不足の謎(36〜43ページ掲載)
慢性的なメモリー不足「見極め」の極意
特集1 徹底究明!メモリー不足の謎(44〜45ページ掲載)
失敗しないメモリー交換の最適手順
特集1 徹底究明!メモリー不足の謎(46〜47ページ掲載)
スマートフォンがメモリーを管理する方法は?
特集1 徹底究明!メモリー不足の謎(48〜49ページ掲載)
メモリー内部の動作から高速化のコツまで解説 気になるメモリーの疑問にずばり回答
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > CPU・LSI製品・技術 > メモリー
update:19/09/25