日経ビジネス 2013/02/11号

特集 インフラクライシス 3章
問われる官の「覚悟」 荒廃防ぐ最後の好機

 「荒廃するアメリカ」の二の舞いを防ぐラストチャンスが今、訪れているのかもしれない──。 昨年12月の総選挙で圧勝し、政権を奪回した自民党。同党は政権公約で「国土強靭化」を掲げ、民主党政権下で減少し続けていた公共投資を再び拡大する方針を打ち出してきた。 国土強靭化とは、どのようなものなのか。(36〜38ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4124文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 インフラクライシス(24〜25ページ掲載)
インフラクライシス 老朽化先進国・欧米に学ぶ処方箋
特集 インフラクライシス 1章(26〜29ページ掲載)
迫りくる崩壊の足音 朽ち果てる日本
特集 インフラクライシス 2章(30〜35ページ掲載)
老朽化先進国・欧米の挑戦 民の力はこう生かせ
特集 インフラクライシス 3章(36〜38ページ掲載)
問われる官の「覚悟」 荒廃防ぐ最後の好機
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > その他(建築・土木事業・不動産事例)
ビズボードスペシャル > 事例 > その他(建築・土木事業・不動産事例)
update:19/09/24