日経ビジネス 2013/02/11号

特集 倒産予備軍10万社の行方
倒産予備軍10万社の行方 円滑化法終了、途絶える延命措置

 お金を借りたら返しなさい──。それが常識だと多くの日本人が信じて生きてきた。しかし、ルールが変わった。2009年末、前代未聞の「モラトリアム(返済猶予)」が導入された。 日本は過去、昭和金融恐慌と関東大震災が起きた際、決済手形などに返済猶予を適用した。短期的な社会の混乱を防ぐためだ。(50〜51ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:845文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 倒産予備軍10万社の行方(50〜51ページ掲載)
倒産予備軍10万社の行方 円滑化法終了、途絶える延命措置
特集 倒産予備軍10万社の行方(52〜57ページ掲載)
亀井・竹中誌上対談 愚策? 延命時間稼ぎ
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 倒産・解散
update:19/09/24