日経ビジネス 2013/02/11号

特集 倒産予備軍10万社の行方
亀井・竹中誌上対談 愚策? 延命時間稼ぎ
ある菓子店の倒産告白 それでも私は潰れた 終了後の政策対応は… 迫る破綻増加の足音

亀井 これはね、私が金融相に就任した2009年最初の記者会見で「やるぞ」と宣言した。金融界、マスコミ界、自民、民主、みんなに猛反対されたけど。 当時の経済は悲惨な状態。法律を作る直前に、私の地元で知り合いの社長が自殺した。大変厳しい取り立てに遭ったと。びっくりしたけど、次の社長候補も自殺しちゃった。社長になったら借金をかぶらないといけないから。(52〜57ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8771文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 倒産予備軍10万社の行方(50〜51ページ掲載)
倒産予備軍10万社の行方 円滑化法終了、途絶える延命措置
特集 倒産予備軍10万社の行方(52〜57ページ掲載)
亀井・竹中誌上対談 愚策? 延命時間稼ぎ
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 倒産・解散
update:19/09/24