日経エレクトロニクス 2013/03/04号

特集 異種プロセサ活用、待ったなし
第2部<ソフトウエア開発環境> アーキテクチャ非依存で簡単・高性能を実現する

 半導体メーカーは、CPUの動作周波数を上げられないためにCPUのマルチコア化やCPU以外のプロセサの強化を図っている。これに対して、機器メーカーやソフトウエア開発者は、半導体の進化に伴ってソフトウエアの処理スピードが自然に速くなることを期待している。今後、より一層の性能向上を図るには、両者がこのギャップを埋めるために互いに歩み寄らなければならない。(39〜47ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:10777文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 異種プロセサ活用、待ったなし(29ページ掲載)
異種プロセサ活用、待ったなし
特集 異種プロセサ活用、待ったなし(30〜31ページ掲載)
もう、CPUだけに頼らない
特集 異種プロセサ活用、待ったなし(32〜38ページ掲載)
第1部<総論> 適材適所のプロセサ活用が機器の処理性能を左右
特集 異種プロセサ活用、待ったなし(39〜47ページ掲載)
第2部<ソフトウエア開発環境> アーキテクチャ非依存で簡単・高性能を実現する
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > CPU・LSI製品・技術 > CPU・マイコン
update:19/09/26