日経ビジネス 2013/03/11号

経営新潮流 富士フイルムホールディングス 古森重隆の経営教室
第2回 逆風下の作法 リストラの鉄則は速く、果断に

 第2回の今回は、コア事業が蒸発する中で私が何をしたのか、それを具体的に見ていきましょう。 私が富士写真フイルム(現富士フイルムホールディングス)の社長に就任した2000年は、カラーフィルムの総需要がピークを迎えた年でした。 その当時、デジタル化に対する危機感は社内で共有されていましたが、写真フィルム事業が利益の柱であったことに変わりありません。(64〜67ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6776文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > リストラ・レイオフ
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > リストラ・レイオフ
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
富士フイルムホールディングス
update:19/09/24