日経ビジネス 2013/03/11号

特集 どうする「核のゴミ」 2章
チェルノブイリの今 「世界の果て」の現実

 「核のゴミ」の処理を巡って迷走が続く日本とは対照的に、核と「共生」する地域がある。福島と同じ「レベル7」の事故で「世界の果て」となってしまったチェルノブイリ原子力発電所周辺の街だ。取材班は2月、厳冬の汚染地帯を歩いた。 空間線量計をかざすと毎時70マイクロシーベルトという数字が画面に表示され、警報音が鳴り響いた。実に東京都内の1000倍もの放射線量である。(32〜35ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4206文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 どうする「核のゴミ」 1章(26〜31ページ掲載)
どうする「核のゴミ」 チェルノブイリ・英国に学ぶ現実解
特集 どうする「核のゴミ」 2章(32〜35ページ掲載)
チェルノブイリの今 「世界の果て」の現実
特集 どうする「核のゴミ」 3章(36〜41ページ掲載)
破綻した核燃料サイクル 「夢」を捨てる覚悟
特集 どうする「核のゴミ」 4章(42〜44ページ掲載)
先送りとの決別 待ったなし、5つの解
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > エネルギー > その他(エネルギー事業)
エネルギー事業・水事業・第一次産業 > エネルギー事業 > その他(エネルギー事業)
update:19/09/24