日経ビジネス 2013/03/11号

特集 どうする「核のゴミ」 4章
先送りとの決別 待ったなし、5つの解

 日本は「核のゴミ」を巡る議論を忌避し、結論を先送りし続けてきた。核のゴミの処分方法は1つではないが、日本では地域や電力業界への影響などもあって、ストレートに語られることは少なかった。そこで本誌は、今考え得る現実解を提言したい。1地域によっては除染しない 事故から丸2年が経過し、福島県内の空間線量は除染や半減期などの自然減衰で約4割低下した。(42〜44ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2940文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 どうする「核のゴミ」 1章(26〜31ページ掲載)
どうする「核のゴミ」 チェルノブイリ・英国に学ぶ現実解
特集 どうする「核のゴミ」 2章(32〜35ページ掲載)
チェルノブイリの今 「世界の果て」の現実
特集 どうする「核のゴミ」 3章(36〜41ページ掲載)
破綻した核燃料サイクル 「夢」を捨てる覚悟
特集 どうする「核のゴミ」 4章(42〜44ページ掲載)
先送りとの決別 待ったなし、5つの解
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > エネルギー > その他(エネルギー事業)
エネルギー事業・水事業・第一次産業 > エネルギー事業 > その他(エネルギー事業)
update:19/09/24