日経エレクトロニクス 2013/03/18号

インタビュー
Mark Durcan氏 米Micron Technology社 Chief Executive Officer
世界最高のメモリ企業を エルピーダと共につくる

国内唯一のDRAMメーカーであるエルピーダメモリが2012年2月に経営破綻してから、1年余り。同社のスポンサー企業に選定されたのが、メモリ大手の米Micron Technology社である。エルピーダがMicron社の傘下に入る形での更生計画が、2013年2月末に東京地裁の認可を受けた。エルピーダを買収する狙いは何か、同社の技術資産や生産拠点を今後どのように活用するのか。(79〜82ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4241文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
エレクトロニクス > エレクトロニクス設計・製造 > その他(エレクトロニクス製造)
【記事に登場する企業】
米マイクロン・テクノロジー社
マイクロンメモリジャパン
update:19/09/26