日経PC21 2013/06号

特集2 DVD&ブルーレイ楽々コピー術 動画編
撮影した動画をDVDやBD−Rに保存

 運動会や旅行など、デジタルカメラやデジタルビデオカメラで撮影した動画を、ずっと残しておきたい、あるいは田舎の両親などほかの人に見せたいことがある。こんなときには、動画をパソコンに取り込んで、DVD-RやBD-Rなどの光ディスクに書き込んで保存するのがお勧めだ(図1)。 機械的な故障の可能性があるハードディスクと異なり、DVDやBDは長期保存に向いている。(72〜77ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6929文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2 DVD&ブルーレイ楽々コピー術(59ページ掲載)
DVD&ブルーレイ 楽々コピー術
特集2 DVD&ブルーレイ楽々コピー術 基本編(60〜63ページ掲載)
“標準装備”のDVD/BDはやっぱり便利
特集2 DVD&ブルーレイ楽々コピー術 データ編(64〜71ページ掲載)
光ディスクには3つの書き込み方式
特集2 DVD&ブルーレイ楽々コピー術 動画編(72〜77ページ掲載)
撮影した動画をDVDやBD−Rに保存
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > ストレージ製品・技術 > 光ディスク関連技術
update:19/09/25