日経PC21 2013/06号

特集2 DVD&ブルーレイ楽々コピー術 データ編
光ディスクには3つの書き込み方式

 データを光ディスクにコピーするとき、書き込み方法を使い分ける必要がある。例えば、データを長期保存する場合や、出先でファイルを編集する場合、トラブル用の復元ディスクを作る場合など、それぞれで適切な書き込み方法が異なる(図1)。 方法は3つ(図2)。「一括書き込み」「追記書き込み」「ライブファイルシステム」だ。(64〜71ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8340文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2 DVD&ブルーレイ楽々コピー術(59ページ掲載)
DVD&ブルーレイ 楽々コピー術
特集2 DVD&ブルーレイ楽々コピー術 基本編(60〜63ページ掲載)
“標準装備”のDVD/BDはやっぱり便利
特集2 DVD&ブルーレイ楽々コピー術 データ編(64〜71ページ掲載)
光ディスクには3つの書き込み方式
特集2 DVD&ブルーレイ楽々コピー術 動画編(72〜77ページ掲載)
撮影した動画をDVDやBD−Rに保存
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > ストレージ製品・技術 > 光ディスク関連技術
車・機械・家電・工業製品 > AV家電 > HD・DVD・BDプレーヤ/レコーダ*
通信・ネットワーク・放送 > AV機器 > HD・DVD・BDプレーヤ/レコーダ*
update:19/09/25