日経ビジネス 2013/04/29号

時事深層
ソニー医療進出、TV生かす

 「製品を市場投入すれば、単年度での黒字化は早々に達成できる」。ソニーが51%、オリンパスが49%出資し、4月16日に発足した医療機器事業の共同出資会社「ソニー・オリンパスメディカルソリューションズ」。社長に就任したソニー出身の勝本徹氏は、新会社の事業見通しに自信を見せる。 勝本社長が強気なのは、電機大手と医療大手が持ち寄った技術に自信があるからだ。(20ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1561文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > 新会社・新団体・起業
医療・バイオ > 医療機器・用品・システム > 医療機器・用品
【記事に登場する企業】
オリンパス
ソニー
update:19/09/24