日経ビジネス 2013/05/20号

特集 パナソニック シャープを辞めた人たち
経営者の苦悩 コマツ相談役 坂根 正弘氏が提言 雇用改革、企業も努力を

 雇用増のために医療や健康、防災関連などの新しい産業に期待をかける意見もある。確かに新産業に夢を抱くのは良い。しかし、数字を詰めていくと簡単ではないことが分かる。2011年度の実績で見ると、既存産業の付加価値の総額は275兆円だった。(38〜39ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2792文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 パナソニック シャープを辞めた人たち(28〜29ページ掲載)
パナソニック シャープを辞めた人たち 雇用流動化の理想と現実
特集 パナソニック シャープを辞めた人たち(30〜33ページ掲載)
早期退職者たちの今 戸惑いの中の再出発
特集 パナソニック シャープを辞めた人たち(34〜37ページ掲載)
流動化の理想と現実 解雇先行の危険性
特集 パナソニック シャープを辞めた人たち(38〜39ページ掲載)
経営者の苦悩 コマツ相談役 坂根 正弘氏が提言 雇用改革、企業も努力を
特集 パナソニック シャープを辞めた人たち(40〜43ページ掲載)
新卒人気順位と大きな差 「次」に選ぶべき会社
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 雇用・退職
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
【記事に登場する企業】
コマツ
update:19/09/24