日経エレクトロニクス 2013/05/27号

特集 歩み出す屋内測位
第2部:技術解説 普及に向けて進む技術開発 スマホ対応と精度がカギ

 送信機として既存の無線LAN基地局を利用できる上、受信側のスマートフォンでも標準機能になっているため、無線LANによる屋内測位は、現時点で導入のハードルが最も低い。これらの利点が評価されて、グランフロント大阪に採用が決まった。 グランフロント大阪…(33〜41ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:10512文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる432円
買い物カゴに入れる(読者特価)216円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 歩み出す屋内測位(27〜27ページ掲載)
歩み出す屋内測位
特集 歩み出す屋内測位(28〜32ページ掲載)
第1部:市場動向 増える商業施設への導入 有用性の実証で利用拡大
特集 歩み出す屋内測位(33〜41ページ掲載)
第2部:技術解説 普及に向けて進む技術開発 スマホ対応と精度がカギ
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > データ分析・ナレッジマネジメント > テキストマイニング・データウエアハウス・ビッグデータ
通信・ネットワーク・放送 > その他(通信・ネットワーク・放送) > その他(通信・ネットワーク・放送)
update:18/07/24