日経パソコン 2013/05/27号

特集1 PDF最新活用術
総論 閲覧以外にも活用の幅が広がる

 電子文書のファイル形式として広く使われている「PDF(Portable Document Format)」。官公庁などがインターネットで公開している文書の多くも、PDFファイルとして公開されている。 PDFが広く使われているのは、再現性が高い上に、機能が豊富なためだ(図1)。(38〜39ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2344文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 PDF最新活用術(36〜37ページ掲載)
PDF最新活用術
特集1 PDF最新活用術(38〜39ページ掲載)
総論 閲覧以外にも活用の幅が広がる
特集1 PDF最新活用術(40〜43ページ掲載)
閲覧・印刷 定番Adobe Readerを使いこなす
特集1 PDF最新活用術(44〜47ページ掲載)
加工 ファイル分割や書き込みも可能
特集1 PDF最新活用術(48〜51ページ掲載)
作成 どんなファイルも手軽にPDF変換
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > パソコン用ソフト > オフィスソフト
日経パソコンEdu用記事(非表示) > 超便利!実用ソフト大全 > PDF最新活用
update:19/09/25