日経ビジネス 2013/10/14号

技術&トレンド
海洋温度差発電(沖縄県、ゼネシス、横河電機、IHIプラント建設など) エメラルドの海を発電所に

 発電設備がある沖縄県海洋深層水研究所では、低温の深層水を活用し、車エビや海ブドウの養殖、ホウレンソウなど野菜の生産も手がけている。久米島は夏が暑く、野菜が育ちにくい。だが、深層水で冷却をすれば、わざわざ強力なエアコンを使わなくても、夏場の…(78〜80ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3879文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > エネルギー > その他(エネルギー事業)
エネルギー事業・水事業・第一次産業 > エネルギー事業 > その他(エネルギー事業)
【記事に登場する企業】
IHIプラント建設
ゼネシス
地方自治体
横河電機
update:19/09/24