日経ビジネス 2013/10/21号

心と体 診察室
痛風に症状が似る偽痛風 桑名 正隆[慶応義塾大学病院(東京都新宿区)リウマチ内科准教授]

 膝の関節が急激に腫れて痛み、眠れなかったHさん(62歳)。痛風を疑って受診すると、偽痛風と診断された。飲食の制限はされず安心したが、再発を気にしている。 痛風は、血中の尿酸値が高まり、関節内に尿酸の結晶が析出することで炎症が起きる。(50ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1326文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 健康維持・美容 > 健康維持・用品・食品
サービス・流通・生活・文化 > 健康維持・美容 > 健康維持・用品・食品
update:19/09/24