日経パソコン 2013/10/28号

特集3
ICTで変わる教育の姿
進む“1人1台”環境の整備、大学に押し寄せる「MOOC」の波

 民間の企業の動きも、にわかに活発化している。2013年5月には、ICT関連企業が中心となった「Windows クラスルーム協議会」が発足。日本マイクロソフト、インテル、NTTドコモなどが発起人を務め、パソコンやソフトウエアのメーカー、教科書会社など40社以上が参加…(60〜67ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:9328文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる432円
買い物カゴに入れる(読者特価)216円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > 携帯電話・モバイル情報端末 > その他(携帯電話・モバイル情報端末)
政治・経済・社会 > その他(政治・経済・社会) > その他(政治・経済・社会)
日経パソコンEdu用記事(非表示) > 最新トレンド徹底解説 > 2013年のキーワードを読み解く
日経パソコンEdu用記事(非表示) > 最新トレンド徹底解説 > 教育でのICT活用 最前線
update:18/07/24