日経ビジネス 2013/11/11号

時事深層 敗軍の将、兵を語る
池田 裕二郎 氏[大強度陽子加速器施設センター長] 放射能漏れ、通報まで1日半

原子力機構と高エネ研が運営する東海村の加速器で放射性物質が周辺に漏れた。作業員も被曝。組織の縦割りが対応を遅らせ、通報まで1日半を空費した。組織の融合を進め、再発防止を誓う。(26〜27ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3281文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > エネルギー > その他(エネルギー事業)
エネルギー事業・水事業・第一次産業 > エネルギー事業 > その他(エネルギー事業)
update:19/09/24