日経ビジネス 2013/11/25号

時事深層
飼料2社統合にTPPの影

 三井物産は連結純利益(2014年3月期見通し=前期比20%増の3700億円)のうち、8割近くを資源・エネルギー関連事業で稼ぐ。協同と日配の統合をきっかけに穀物ビジネスを拡大できれば、収益全体の多角化に弾みがつく。 しかし今回の経営統合を、単に商社の収益多…(22ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1662文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > 合併・吸収
【記事に登場する企業】
協同飼料
日本配合飼料
update:19/09/24