日経Linux 2014/01号

特集3 Raspberry Piで遊び倒す
〔Part1 新発売の「赤外線カメラ」を活用〕 どこでも使える夜間監視システム 時刻を合わせる部品をちょい足し

 赤外線カメラPi NoIRの外見は、従来のカメラモジュールとほぼ同じで、Raspberry Piのイーサネットコネクタ付近にあるカメラ専用ポートに接続して利用します(写真2)。カメラユニットが標準のカメラではなく赤外線になったものと考えておけばよいでしょう。扱い…(84〜89ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:10895文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集3 Raspberry Piで遊び倒す(81ページ掲載)
Raspberry Piで遊び倒す
特集3 Raspberry Piで遊び倒す(82〜83ページ掲載)
Raspberry Piだからこそ楽しめるモノ作り
特集3 Raspberry Piで遊び倒す(84〜89ページ掲載)
〔Part1 新発売の「赤外線カメラ」を活用〕 どこでも使える夜間監視システム 時刻を合わせる部品をちょい足し
特集3 Raspberry Piで遊び倒す(90〜95ページ掲載)
〔Part2 27個のLEDでクリスマス電飾〕 キューブ型LEDを組み立てよう トランジスタで明滅を切り替え
特集3 Raspberry Piで遊び倒す(96〜103ページ掲載)
〔Part3 自走ロボットが手軽に作れる!〕 顔認識してモジモジ近づく 専用ボードで簡単モーター制御
特集3 Raspberry Piで遊び倒す(104〜109ページ掲載)
〔Part4 クラスター構成で分散処理〕 モザイク画処理が4台で4倍高速に ラズパイで便利な「Python」を使おう
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > クライアント向けOS > Linux
エレクトロニクス > その他(エレクトロニクス) > その他(エレクトロニクス)
エレクトロニクス > その他電子部品 > その他電子部品
update:19/09/25