日経ビジネス 2013/12/09号

特集 年金はどこまで減るか
年金はどこまで減るか 知っておくべき10の現実

年金が減り始めた。10月、本来切り下げるべき支給額を据え置いていた「特例水準」の解消がスタート。既に働き手などの状況に応じて、支給額を減らす仕組みが入っており、今後、さらに受け取れる年金が減っていくのは確実だ。(28〜29ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:364文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 年金はどこまで減るか(28〜29ページ掲載)
年金はどこまで減るか 知っておくべき10の現実
特集 年金はどこまで減るか(30〜31ページ掲載)
こんなに減る、あなたの年金 30年後は2割減
特集 年金はどこまで減るか(32〜35ページ掲載)
年金受給世代の実情 遠のく「理想の老後」
特集 年金はどこまで減るか(36〜39ページ掲載)
本当に2割減で止まるのか 2030年に試練
特集 年金はどこまで減るか(40〜44ページ掲載)
検証・老後の切り札 年金減でも豊かさを
特集 年金はどこまで減るか(45〜47ページ掲載)
70歳のハローワーク 最善策は「働くこと」
特集 年金はどこまで減るか(48〜51ページ掲載)
日経225企業の財務から読み解く 拝見! 隣の企業年金
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内財政 > 保険・年金・金利
update:19/09/24